モザイクアートの制作なら|モザイクアート ピモザ|会員ページ紹介(画面)

会員ページ紹介(画面)

モザイクアート作成方法など映像による説明 モザイクアートを自作するための主な画面の説明

モザイクアートを自作するための主な画面の説明

会員メニュー フォトパーツ登録画面 フォトパーツリスト
モザイクアート
 フォトパーツ枚数計算
モザイクアート作成画面 モザイクアートリスト
フォトシェイプ作成画面 フォトシェイプリスト
※各画像はクリックすると大きく表示されます。


会員メニュー 

会員メニュー
会員の方は、以下の機能がご利用になれます。
モザイクアート作成:様々なモザイクアートが作成できます。
モザイクアートリスト:作成したモザイクアートの一覧です。
フォトシェイプ作成:会員が登録されたフォトパーツを使って、文字やカタチに写真を組み合わせます。
フォトシェイプリスト:作成したフォトシェイプの一覧です。
フォトパーツ登録:ご自分の写真をフォトパーツとして登録できます。登録したフォトパーツは、モザイクアートやフォトシェイプで利用できます。
フォトパーツプリスト:登録したフォトパーツの一覧です。
会員情報変更:ご登録いただいている会員の情報が変更できます。
ポイント利用明細:会員でのご利用はポイント制となっております。ご利用いただいたポイントの明細がご覧になれます。
ポイントチャージ:ポイントをチャージする方法を記載しております。ご利用代金を銀行口座にお振り込みいただきましたら、このメニューからご連絡ください。
買い物カゴ:作成したモザイクアートを印刷する場合に、ご利用ください。印刷の個別の注文は、モザイクアートリストから行えます。


フォトパーツ登録画面 

複数一括選択
フォトパーツ登録(複数一括選択)
個別選択
フォトパーツ登録(個別選択)

会員の写真やイラスト等の画像ファイルで、独自のフォトパーツを登録することができます。フォトパーツを登録すると、ご自分のモザイクアートやフォトシェイプ作成時に、何度でも使用することができます。
フォトパーツの形状は比率4対3に自動調整したものや、正方形、円形などの特殊形状があり、登録時に自動的に作られます。
フォトパーツカテゴリー:登録するフォトパーツをカテゴリー分けすることができます。カテゴリーを増やしたり、削除したい場合は、右のカテゴリー新規登録やカテゴリーリストをご利用ください。フォトパーツに指定したカテゴリーは、あとで変更可能です。
フォトパーツ写真:登録するフォトパーツ用の写真を指定します。複数一括選択のフォームでは、最大50ファイル一度に選択することができます。個別選択フォームでは、1画面で10ファイル個別に選択でき、フォトパーツごとのメッセージを登録することができます。登録したメッセージは、モザイクアートのフォトパーツ拡大表示画面で一緒に表示されるようになります。 メッセージは、あとでフォトパーツリストから変更することができます。



フォトパーツリストの画面 

フォトパーツリスト

登録しているフォトパーツを表示します。この画面では、フォトパーツカテゴリーやファイル名、メッセージ等で検索が行えます。また、不要ななったフォトパーツの削除や、情報の変更も行えます。
情報変更では、フォトパーツカテゴリーやメッセージ等の変更が行えます。また、写真の向きが正しく認識されていない場合には、回転処理で上下逆転や左90度回転などの指定をすれば、 正しい向きに直すこともできます。



モザイクアートフォトパーツ枚数計算の画面 

モザイクアートフォトパーツ枚数計算
計算結果の例
モザイクアートフォトパーツ枚数計算結果

モザイクアートのベースとなる画像ファイルごとに、またモザイクアート作成時に指定する精度やフォトパーツの形などから、モザイクアートを構成するフォトパーツの枚数が違ってきます。このフォームでベースの画像ファイルを送信すれば、必要となるフォトパーツの枚数を知ることができます。
例えば、「計算結果の例」のようなサイズのベース写真があり、精度を「普通」で、フォトパーツ形状は「4対3横向き配置」にしたいときには、フォトパーツは1,600枚必要となります。ピモザでご用意している一般写真を使用する場合はそのままで作れますが、ご自分のフォトパーツとなる写真のみで作成する場合は、フォトパーツをその枚数登録します。
フォトパーツ用写真が300枚程度しかない場合でも、モザイクアート作成時にフォトパーツ選択の項目で「登録フォトパーツのみ使用(本来のモザイクアート制作方式で重複使用)」「登録フォトパーツのみ使用(ランダム配置で重複使用)」を指定すれば、モザイクアートを作成できます。登録フォトパーツのみ使用では、「ベースのモザイクアートへの合成」を指定するときれいに仕上がります。
また、その300枚をモザイクアート作成で必要とする枚数になるまでフォトパーツとして登録し、モザイクアート作成時にフォトパーツ選択の項目で「登録フォトパーツのみ使用(本来のモザイクアート制作方式で1回使用)」と「ベースのモザイクアートへの合成」を指定すれば、さらにきれいなモザイクアートを作ることができます。制作依頼では、このタイプをご依頼いただくことが多いため、 会員の方がご自分でも作れるように機能をご用意しています。



モザイクアート作成画面 

モザイクアート作成

モザイクアートの作成にはメニューの「モザイクアート作成」をクリックし、必要な項目を指定してください。各項目は以下の通りです。
ベースファイル:モザイクアートのベースにする写真がイラストなどの画像ファイルを指定します。
モザイクアート精度:モザイクアートをどれくらいのフォトパーツで分割するかの指定です。「簡易」、「ライト」等6段階で指定できます。精度がよくなるほど、埋め込むフォトパーツの数が多くなります。
フォトパーツ選択:フォトパーツ選択では、ピモザにモザイクアート作成のために用意されているベースフォトパーツを利用することができます。「一般写真」や「文字の画像」など6種類あります。お客様のフォトパーツは登録が登録されていれば、この項目で選択できます。
フォトパーツ形状選択:モザイクアートに埋め込むフォトパーツの形を選択します。ピモザでは、4対3の形のほか、正方形、円形、星形、ハート形から選択することができます。4対3以外の正方形などは、ひとつのモザイクアートに混在させることもできます。
ベースのモザイクアートへの合成:少ないフォトパーツで作る際に、モザイクアートをきれいに見せるためにベース画像を合成することができますが、その割合を指定します。割合の数字が大きくなれば、ベースが鮮明になります。
ベース画像の加工:ベース画像をモザイクアートにする前に、加工する場合の指定です。白黒やセピア、彩度強調など選択可能です。
モザイクアートの公開レベル:作成したモザイクアートを、誰でも見れるように[公開]することができます。(公開する場合には、被写体の肖像権等にご注意ください)
モザイクアートカテゴリー:作成するモザイクアートをカテゴリー分けすることができます。カテゴリーを増やしたり、削除したい場合は、右のカテゴリー新規登録やカテゴリーリストをご利用ください。モザイクアートに指定したカテゴリーは、あとで変更可能です。
説明:モザイクアートの説明を入力できます。



モザイクアートリストの画面 

モザイクアートリスト
作成したモザイクアートを表示します。検索では、モザイクアートの精度やモザイクアートカテゴリーで探すことができます。
各モザイクアートの「モザイクアート」をクリックすると、別ウィンドウで完成したモザイクアートを表示します。「拡大表示」では、モザイクアートの上にマウスをのせるとフォトパーツが拡大表示され、メッセージがあれば一緒に表示されます。
作成方法等の欄では、そのモザイクアートを作成したときに指定した情報が掲載されますので、 次に作成する際の参考になります。


フォトシェイプ作成画面 

フォトシェイプ作成
登録したフォトパーツが一定枚数以上あれば、フォトシェイプを作ることができます。指定する各項目は以下の通りです。
フォトパーツ選択:使用するフォトパーツのカテゴリーや、フォトパーツの形状を選択します。フォトシェイプでの形状選択では、4対3のも含め全て混合して作ることができます。
シェイプ選択:フォトシェイプにする形を選択します。ひらがなやカタカナなど、一文字ずつですが作成することができます。「おめでとう」など一文字ずつフォトシェイプを作成して、完成後ご自分でつなげて一つの画像ファイルにするなどしてご利用いただけます。
フォトパーツの大きさ:フォトシェイプに埋め込むフォトパーツの大きさを指定します。特大、大など5段階あります。
フォトパーツの傾き:フォトシェイプに埋め込むフォトパーツの傾きを指定します。
フォトパーツの縁の色:埋め込む際にフォトパーツに縁を作りますが、その色を指定します。(4対3比率のフォトパーツのみに対応)
背景色:す。
説明:フォトシェイプの説明を入力できます。


フォトシェイプリストの画面 

フォトシェイプリスト
フォトシェイプサンプル

作成したフォトシェイプを表示します。印刷用JPEGは、ブラウザで表示するなどしてパソコンなどに保存してください。